スタートアップ1-7あらすじネタバレ感想レビュー。仮想通貨取引はP2Pでスムーズに。

Amazonプライムビデオで好評配信中の「スタートアップ」第7話のあらすじやネタバレ、感想レビューを語っていきます!



スタートアップ 第6話では…

ジェイジェイ(ラヴァンスキー・ジャン=バティスト)から3日以内に30万ドルを用意するよう言われたロナルド・デイジー(エディ・ガテギ)は、
ニック・タルマン(アダム・ブロディ)を訪ねも、「ジェンコイン」事業の運営資金全額が盗まれたことを知らされる。
何とか金を工面するため、「ジェンコイン」事業を優良企業に見せかけ、新たなる投資家を募るという詐欺まがい行為を決行する。
しかし早くも投資家のベニー・ブラッシュ(ウェイン・ナイト)に不信感を抱かれるのであった。

 

スタートアップはコチラ

スタートアップ 第7話 Valuation あらすじ

「ラッドコイン」のオフィスへと足を運んだイジー・モラレス(オトマラ・マレロ)。
彼女の目的は大物投資家であるアレックス・ベル(アーロン・ヨー)に接触し、「ジェンコイン」事業に投資をしてもらうことだった。

イジーから「ジェンコイン」に関する資料を手渡されたアレックスは、「ジェンコイン」事業に興味を持ち、イジーを自宅に招く。

アレックスの自宅を訪れたイジー、ニック、ロナルドの三人は、アレックスからジェンコインに懸ける思いを問われる。
建前ではなく本心を知りたい、次に会う時までに考えておくようにとアレックスは言い残す。

フィル・ラスク(マーティン・フリーマン)が出勤すると、マデリン・ピアース(ジョセリン・ドナヒュー)が行方不明だと告げられる。

警察の捜査が本格化する前に海外逃亡を試みようとするフィルだったが、フィルの口座残高はなんとゼロになっていた。

これはデイウォン(ダット・ファン)の仕業に違いないと確信したフィルは、デイウォンの行方を追う。
しかしデイウォンはもう既にモスクワへと逃亡していたのだった。

アレックスと会う約束の日、ロナルドはジェイジェイに呼び出される。
金を用意しなかったロナルドに制裁を加えるため、ジェイジェイはロナルドを椅子に拘束し殴打するのであった。

傷だらけの状態でアレックスとの会合に登場したロナルド。

ロナルドはアレックスに、貧困にあえぐ人々の未来のために「ジェンコイン」に懸けたと熱く語る。
そんなロナルドの想いに心を打たれたアレックスは「ジェンコイン」に投資することを決めるのであった。

スタートアップはコチラ

感想レビュー1 大物投資家アレックス・ベルの魅力。

スタートアップ第7話で初登場した大物投資家のアレックス・ベル。

大物投資家という肩書から勝手に、金の亡者で嫌なキャラクターなのかと想像していましたが、実際は非常に魅力あふれるキャラクターでした。

アイデアや基盤ではなく、「人」に投資をするという考えを持つアレックス。
そんな彼はお金による利益のためではなく、その先の希望や未来といったものを重視し、投資を行う人物です。

イジー、ニック、ロナルドの三人から、建前ではなく「ジェンコイン」に懸ける本心を知りたがっていたのもアレックスの持つ人柄ゆえでしょう。

アレックスの様な、目先の利益に囚われることなく、本当の意味で人々のためや未来のためになる事業を見極める能力こそ投資家にとって最も必要なのではないでしょうか。

 

スタートアップはコチラ

金融豆知識 仮想通貨の潤滑なやり取りに必須。ピアツーピアとは?

アレックスの自宅に招かれたシーンでP2P(ピアツーピア)という用語がでてきました。

今回はこのP2Pと仮想通貨の関係性について述べていきます。

そもそもP2Pとは、サーバーとクライアントという立場に分離せずに直接端末同士でやり取りすることが可能なシステムです。

仮想通貨もこのシステムを採用しています。

P2Pによる取引によって、ユーザーが増えても端末同士で取引を行っているため、サーバーに負荷がかかり処理速度が低下するといった問題を回避できます。

仮想通貨は世界規模の取引ですので、P2Pを採用しなければサーバーにかかる負荷は凄まじいものになるでしょう。

つまりP2Pによって、安全かつ潤滑なやり取りが可能というわけですね。

 

世界トップクラスのセキュリティ↓
初めての暗号資産取引は【OKCoinJapan】

↓仮想通貨の売買はプロにお任せ。


暗号資産自動売買サービス[HEYBIT]

↓トレードをグラフにして目視しやすく。

トレードを自動でグラフ化

感想レビュー2 ロナルドのジェンコインに懸ける熱い想い。

スタートアップ第7話の見どころのシーンといえばやはり、ロナルドが「ジェンコイン」に対する熱い想いをアレックスに伝えるシーンでしょう。

回を追うごとに魅力を増すロナルド。

第7話でもやってくれましたね。

期日内にジェイジェイに金を渡さなかったことによって、椅子に拘束され暴力を受けるシーンでも、身動ぎ一つせずジェイジェイを冷静に見つめるロナルド。

暴力を受ける側であるはずのロナルドの方がジェイジェイよりも冷静さを保っていたのが印象的でした。

そんな危機的状況であっても冷静沈着な彼が、貧困にあえぐ人々の未来のために「ジェンコイン」を熱く語るシーンには胸を打たれました。

ロナルドには一刻も早く家族ともども、平和で安全な生活を送ってほしいものです。

 

スタートアップはコチラ

スタートアップ 第7話 まとめ

デイウォンによるハッキングによって、窮地に追いやられた「ジェンコイン」事業。

そんな状況を打破すべく、イジーは大物投資家であるアレックス・ベルに接触します。

警察はマデリンの失踪に対する捜査を開始。

捜査が本格化する前に海外へ逃亡を計るフィルでしたが、銀行口座にあるはずのお金が全て無くなっていました。

デイウォンの仕業だと確信したフィルでしたが、デイウォンは既にモスクワへ逃亡していました。

ジェイジェイに制裁を加えられたロナルド。

しかしロナルドは怪我を負った状態で、「ジェンコイン」に懸ける熱い想いをアレックスに伝えます。

ロナルドの見事な演説に心打たれたアレックスは、「ジェンコイン」事業に投資することを決めるのでした。

 

第8話に続きます。

 

世界トップクラスのセキュリティ↓
初めての暗号資産取引は【OKCoinJapan】

↓仮想通貨の売買はプロにお任せ。


暗号資産自動売買サービス[HEYBIT]

↓トレードをグラフにして目視しやすく。

トレードを自動でグラフ化

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事