少女探偵ナンシードリューs1-9話 過去との再会あらすじネタバレ感想レビュー。

U-NEXTで独占配信中の“ナンシードリュー”。

ナンシードリューは日本で言う「名探偵コナン」のような存在で、アメリカでは古くから馴染みのあるキャラクターなんですよ。

今回は、「ナンシードリュー」第6話のあらすじやネタバレ、感想レビューをお送りします!

U-NEXT



少女探偵ナンシードリューがU-NEXTで帰ってきた。

アメリカで大ヒットした「少女探偵ナンシー」


U-NEXT

1930年に、出版社ストラッテメイヤー・シンジゲートの創設者でもある、エドワード・ストラッテメイヤーが書きはじめました。

それ以降、ナンシーシリーズはキャロリン・キーンの名義で複数の代作者によって今もなお継続されています。






数々のシリーズやスピンオフが制作されているナンシードリューですが、今回は高校卒業後のティーンエイジのナンシーがドラマ化され、U-NEXTで独占配信中です!

\むしろナンシードリューシリーズはU-NEXTにお任せを。/

ナンシードリュー

高校卒業後、大学に進学するために働いていたダイナーで殺人事件が起こり、ナンシーは容疑者になってしまう。

鮮やかな洞察力で謎に迫る頼もしいナンシーだけど、恋や家族や友達関係に悩む姿も必見。

謎が謎を呼ぶ新感覚ミステリー。

その仕業は、まさか幽霊!?

クセになるミステリアスな雰囲気に釘付けで、ハマる人にはイッキ見確実。

なぜなら『THE OC』や『ゴシップガール』のジョシュ・シュワルツが制作、ケネディ・マクマンはじめとしたキャストたちも豪華揃いだから。

物語は殺人事件、オカルト超常現象など謎のオンパレード。日常とは違った刺激を求めてる方にオススメですよ。

ナンシードリューはコチラ

ナンシードリュー 第9話では…

エース(アレックス・サクソン)の事故の時の録音や車のスリップ跡、ブレーキ痕もなかったことから偶然の事故ではなかったことがわかる。

マクギニス署長(アダム・ビーチ)は昏睡状態から覚めないエースを助けるために、ナンシー・ドリュー(ケネディ・マクマン)の家で儀式をすることに。

ジョージ(リーア・ルイス)は、霊界でエースを探し出し、そこで見た編み上げ靴とハドソン家からの送金の履歴により、ローリー巡査(ナサニエル・ヴアス)が逮捕されたが、エースの目はまだ覚めない。

リザベス(ケイティ・フィンドレイ)は州警察であり、潜入捜査でハドソン家を調べていると白状するが、ハドソン家の証拠を手に入れた途端、リザベスはベスのことを振ってしまう。

クローにいる妹テッド(アリア・リー)が行方不明になってしまう。

 

ナンシードリューはコチラ

ナンシードリュー 第9話 過去との再会 あらすじ

ジョージ(リーア・ルイス)からテッドが行方不明になったと連絡が入り、現場に残された模様と同じ匂いからナンシーが12歳の時に起こったローズ誘拐事件を思い出す。

犯人はネイサン・ゴンバー(カート・ロング)で、ナンシーが倉庫の隠し階段の裏でローズを発見した。

マクギニス署長が誘拐ホットラインを作って捜査を始め、ナンシーはシーベリー刑務所でゴンバーに面会する。

ゴンバーは背の高い幽霊“サイモン”と話をしていて、ナンシーもその化け物を見ていた可能性があることがわかる。

さらに、モイラ・ベイカー(アンドレア・ドレパール)という女性が1年半の間面会をしていたことがわかる。

ゴンバーの倉庫に向かったナンシーだが、ニック(タンジ・カシム)からの連絡で、倉庫にはカーソンが待ち伏せしていた。

倉庫の階段を上るとサイモンとゴンバーが話していて、懐中電灯を落として細かいことを忘れてしまった記憶を思い出す。

奥に入ると部屋があって、クローで見た渦巻きをモチーフにした祭壇があった。

サイモンは起こったことを夢だと思わせる力があり、ゴンバーは子供の命と引き換えに地位を求めた。

サイモンが現れ、また新しい子供を見つけるというので、ナンシーは祭壇に火を付けると、刑務所にいるゴンバーと倉庫で子供を監禁していたモイラの腕が燃え上がる。

ニックがテッドを見つけ、ジョージと抱き合う。

ナンシーは、12年前の事件のことや母の死についてカーソンとわかりあうことができた矢先、カーソンは逮捕されてしまう。

ナンシードリューはコチラ

感想レビュー1 ローズ誘拐事件との繋がり。ナンシーの失われた記憶が蘇る。

クローに来た女、モイラのマニキュアを塗った手にはゴンバーと同じ目が三つのタトウーがあった。

モイラはゴンバーとの面会の時に記号の書かれた写真を渡してたことから、ゴンバーの外の協力者というのがわかる。

よく、日本でも死刑囚と結婚する人もいるけど、モイラは純粋に愛しているというかサイモンの魔術によって協力者になっていたのかもしれない。

サイモンの魔術のせいで、ナンシーも記憶を失い、12歳の頃からずっと心を閉ざしてしまっていた。

今回の件がきっかけで、12年前に本当は何があったかが判明し、サイモンを追い払うことができたように思える。

しかし、ゴンバーは「またすぐに会える。本当に追い払ったか?」という。

ナンシードリューはコチラ

感想レビュー2 ナンシーの秘密の日記

「パパの秘密を知った後、何を信じればいいの?」

ハドソン家から5万ドル受け取った後、家族で1年ヨーロッパに滞在していたカーソンのことが信じられないナンシー。

ナンシーが12歳の事件後、心を閉ざしてしまったので、カーソンはセラピーに連れて行ったけれど、何も話してくれなかった。

今回、12年前にパパに会えないで死ぬんだと思ったという気持ちやママからの手紙の内容を思い出し、「パパのことを拒絶してごめん」と言って二人はお互いの気持ちを理解し合うことができた。

しかし、ナンシーの部屋からカレンに事件の切り抜きを写真で送ってもらう際に、ナンシーの日記が丸見えになっていて、それが原因で逮捕されてしまう。

秘密は、秘密にして隠しておかないとね。

ナンシードリューはコチラ

感想レビュー3 ベス・マーヴィンは本当にマーヴィン?

エースが目覚めたといういい知らせが入った。

善人オーウェンは、テッドのために報奨金を出していたりと、感謝を述べるベス。

オーウェンからティファニーの葬儀で叔母に話しかけられたときなぜ逃げたの?と聞かれ、ベスはママの話をする。

いつも、ママは本当はマーヴィン家の令嬢だったと話をしていた。

ベスとオーウェンはきっといとこなのであると告白した。

そこで、ベスはDNAを鑑定をオーウェンにお願いする。

快諾してくれたオーヴェンだけど、こういう鑑定はよくある話なので、確かなものにするために、お互いに鑑定しようと提案する。

今までマーヴィンを名乗っていたベス(自称)は本当に令嬢なのか、これではっきりするはずだよね。

ナンシードリューはコチラ

ナンシードリュー 第9話「過去との再会」まとめ


今回の敵サイモンはかなりの強敵。

でも、この町、幽霊とか悪魔とか出てきすぎじゃない!?

自分が住んでいたら恐ろしくて、住んでられないよ〜。

どれから対処していけばわからないけれど、今回はなんとかサイモンを追っ払うことができた。

テッドも無事に戻ってきたし、よかったよかった。

せっかく、真にカーソンと分かり合えたはずなのに!

ナンシーがベットの上で日記をおっ広げていたおかげで、逮捕されちゃったよ。

でも、取り調べられたら、本当のことがわかるかもしれないね。

次に対峙するのは人間?それとも怨霊?

今回ばかりは謎さえも、予測できない展開で、次の話が待ちきれないね。

さあ、ナンシーその仲間たち、休んでいる暇はなく、新たに謎を解いていって!!!

 

ナンシードリューはコチラ

未分類の関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事